他社からの乗り換えをご検討のお客様

  • HOME »
  • 他社からの乗り換えをご検討のお客様

ご利用中の電話反響測定サービスでの運用に満足されていますか?


コールトラッカーにお問い合わせいただくお客様のうち約3割が他社サービスからの乗り換えを検討しているというお客様です。
実はコールトラッキングサービスや電話関連のサービスははじめてご導入されるよりもリプレイスのほうが厄介で気を付けるべきポイントを多くはらんでいます。
これまでたくさんのシステム乗り換えやバージョンの移行を行ってきた熟練のスタッフがそろっているからこそ想定できる落とし穴も先回りし、お客様のご負担を減らすことができるのです。

変化する電話の役割をもう一度見直そう

コールトラッキングサービスは転送電話の仕組みを用いたサービスです。
自社でフリーダイヤルを契約していたり、社内に内線転送の仕組みを設けていたりと電話周りの構成はおもいのほか複雑化しています。
またテレワークや在宅勤務が浸透してからというもの「電話」に求める役割も変化しています。

「部分最適」ではなく「全体最適」を目指すならば電話技術に精通している企業や個人に相談するのがベターです。
というのも電話には業態や業種、目的によっても求められる機能や要件が異なるためです。

 

こういってしまうと語弊があるかもしれませんが、コールトラッキングサービスの製品サイトを渡り歩いてみるとそれほど機能差は大きくありません。
例えば音声ガイダンスを付与する機能などはほとんどのサービスに備わっていますし、スケジュールの設定も同様でしょう。
しかし、どこまできめ細かい組み合わせができるか、痒い所に手が届くのかといったところまではスペック表からは読み取れません。

また、手厚いサポート体制や万が一の障害発生時における監視体制も実運用においては注意すべきポイントです。
サポート窓口があるか、ではなく高いCXを実現できているかどうかまで踏み込んでいるサービスを選ぶことをお勧めします。

一般的にはサービスを再検討するタイミングとして、このようなきっかけでご相談をいただくことが多くなっています。

コールトラッキングサービスを見直すタイミング

  • 機器の寿命、経年劣化
  • 働き方の変化にあわせて電話環境をまるっと見直したい
  • 契約更新のタイミングで検討している
  • コスト削減の号令があった
  • 競合製品にはそなわっている機能に惹かれている
  • 社内体制変更によるツールの見直し
  • 障害や不手際が続けて起こり不信用につながった
  • 営業のレスポンスやサポートの対応が悪い

リプレイスを考えるときに見るべきポイントについてこちらのコラムでも紹介しています。

 

 

業界最安スターターパック
Googleアナリティクス連携
PAGETOP